評判の高いマンション管理会社比較MAP

TOP > マンション情報 > 管理会社を変更する場合に必要な手続き

管理会社を変更する場合に必要な手続き

 マンション管理会社を変更するためには手順があります。組合との合意形成の方法やタイミングやマンションの適正法そして管理規約に沿った手続きなど厳守しなければならない法律やルールがあります。
 最初に行うことはマンション管理会社をどうして変更したいのか、マンション管理会社の変更を検討する理由など変更する理由を明確にすることからはじめます。
 理由によって居住者経の説明や臨時で総会を行ったときの議案のもとになっていきますし、最終的に1社を選ぶときの基準になります。変更する理由がはっきりしたら、管理会社へ声をかけていきます。
 問題を改善してくれる管理会社に複数声をかけて見積もりを作成してもらいます。見積もりを作成するときには契約書の内容だけではマンションの状態や設備の状態を把握できないため正確な見積もりを出すことができないため必ず現地調査が必要になります。
 現地調査をするときには管理会社へ直接要望を伝えるとお互いに除去うを正確に理解することができます。作成された見積書は現地調査からおよそ2~3週間程度で手元に到着します。


 現地調査を行った管理会社より見積もりならびに提案書が届いたら、資料をもとに管理会社からのプレゼンを行います。
 プレゼンで、どのような管理をおこなってくれるかサービスを提供してくれるのかを見極めていきます。現在の問題に対して解決策が提示されているかを確認しマンションに最適な1社を選んでいきます。1社に絞りきれないときには、何回もプレゼンをしても大丈夫です。
 プレゼンにて1社を内定しても契約ではありません。管理会社を変更するためにはマンションにて臨時総会を開き、管理組合の変更を承認される必要があります。


 管理会社変更を審議しる総会で新しい管理会社との業務委託の無いようが確定する必要があり、内定の段階で確定していない仕様を確定させる作業を行います。
 内定した管理会社からの重要事項説明会で契約内容の説明が行われ、臨時総会で管理会社の変更を決議します。
 管理会社の変更は租界の参加者の過半数の賛成で可決することができます。管理会社の変更をすることによって業務委託契約も変更となります。
 マンション管理適正法によって管理委託契約の変更をするときには重要事項説明が必要の義務付けされています。重要事項説明会の後に臨時総会が行われます。新しい管理会社と契約締結するためには現在利用している管理会社に解約通知を行います。
 業務委託契約の解約には原則3ヶ月前の通知が必要になります。解約通知後には、現在利用している管理会社と新しく契約した管理会社の引き継ぎを行います。
 引き継ぎは臨時会が立会いして行われ、kなり画面や修繕履歴の書類、共有スペースの鍵などを新しい管理会社に引き継ぎを行います。
 管理会社の変更の手続きは組合によって期間が異なります。

カテゴリ

PAGE TOP