評判の高いマンション管理会社比較MAP

TOP > マンション情報 > マンション管理会社の暮らしの対応

マンション管理会社の暮らしの対応

マンション管理会社は入居者の暮らしの中で困った事のアドバイスや業者手配を行って頂けます。
よくあるトラブルがトイレの扉が急に開かなくなったという事はありませんか。
その時はトイレのドアノブに溝が付いているので、硬貨を差込し、回転させましょう。
それでトイレの扉は開きます。
もしドアノブに溝が無い場合は扉の隙間に物差しを差し込んで、下から上に持ち上げると開きます。
次にU字ロックが外れない場合ですが、U字の先端に紐をくくりつけて、扉を閉めます。
その後、扉の反対側まで紐を持っていき、引っ張るとU字ロックの解除が可能です。
マンション管理会社は日々の暮らしのトラブルで上記の様な的確なアドバイスを行われており、自身で問題が解決できない場合は24時間業者手配して頂けるマンション管理会社も数多く存在します。
まず困った事があれば、直ぐに電話をする様に電話番号を控えておくと良いでしょう。



管理業務を継続するケースの多いマンション管理会社

人口減少と少子化が同時に進む一方で高齢者の増加が続いていく社会になっていますが、首都圏とその他の一部地域だけで依然として人口の増加が続いています。
この人口増加を住まいの面から吸収しているのがマンション建設の継続ですから、首都圏では高層マンションが増加しています。
マンションが完成し、入居者が住み始めると、ほとんど全てのマンションに区分所有者全員で構成されるマンション管理組合が結成されています。
ところが、組合が結成されても入居する以前は赤の他人同士だった人達が全国各地から寄り集まっただけで、しかも、組合業務には殆ど素人ばかりの寄せ集め集団です。
そこで、新築後の最初の段階では建築したディベロッパー系列か、業務提携先のマンション管理会社がその業務を管理組合から委託を受けてマンション管理に関わる実作業を支援する方式が一般的に行われています。



管理業務を殆ど丸投げ委託されるマンション管理会社

入居後に結成した管理組合総会で役員が決まったところでマンションの共用部を中心にした管理業務の運営方法やその内容を決めることになります。
この決定事項を元にしてマンション管理会社と管理組合が業務委託契約を締結し、会社側が担当者を派遣して実作業を支援するわけです。
もちろん、管理会社は最初の総会開催時点から開催するのに必要となる議事、その他、マンション管理に必要なサービス内容や情報を管理組合に提供して新任役員が総会をスムーズに進行させ、管理業務をスタートできるように支援してくれます。
管理会社の用意しているサービス内容や情報は自社が他のマンション管理組合に対して既に実施している一般的な内容と殆ど変わらない内容になっているので、新たに始まる業務委託契約の内容も殆ど修正されずに適用されるはずです。
こうして、新築マンションが建築されると殆ど同じサービス内容の業務委託契約が次々と運用されているはずです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP