評判の高いマンション管理会社比較MAP

TOP > マンション情報 > マンション管理会社で設備の点検を行う

マンション管理会社で設備の点検を行う

マンションにおいては、生活のための共有設備がたくさんあります。
代表的なのがエントランスや階段、エレベーターなどになります。
特にエレベーターは耐用年数が短く、その一方でトラブルが起きると大変です。
定期的な点検であったり、交換なども行われます。
マンション管理会社が行うこととしては、マンション内の設備の点検があります。
エレベーターに関しては、定期点検がありますが、定期点検の間にも問題が生じる可能性があります。
正常に動いていないこともあるので、そのためのチェックなどを行います。
それ以外に重要な設備としては、消防設備があります。
各戸ごとに消火器などが設置されることがありますが、それ以外に共有設備の防火のための設備の点検を行います。
普段はあまり使うことがないので、いざとなったときに使えるよう、チェックする必要があります。



マンション管理会社は集会場などの管理を行う

あまり大きくないマンションの場合は、すべてが居室になっている場合があります。
一方、大型のマンションの場合は、集まりなどがあるときに使える集会場が設けられている場合があります。
こちらは共用施設になっていて、申し込みをすれば誰でも使えるケースが多いです。
マンション管理会社が行う管理としては、集会場の管理があります。
利用者がいるときには、鍵の受け渡しをしたりすることがあります。
使われていないときには掃除なども行います。
いつでも使えるようにしておく必要があります。
高級タイプのマンションになると、集会場以外にゲストルームなどがあります。
これらも通常は使われていないので、定期的な掃除などを行うことになります。
掃除や管理する部分が多くなれば、当然ながらそれを管理するためのコストもかかります。
その負担は住人が行わなければいけません。



マンション管理会社として大事な苦情処理

マンション管理会社はマンションの管理だけでなくて住民の管理もうまく行っていく必要があります。
そこで、大事になるのが苦情処理であり、場合によっては入居している人から苦情がくる事もあります。
例えばマンジョンの共用部分が汚い、同じマンションに住む人の中に迷惑な人がいるなど苦情の内容はさまざまです。
そこで、その苦情にしっかりと対応していく事が必要です。
まずは、謝る事が大事ですし、なるべくその苦情に対して良い対策を考える必要があります。
そうする事によって苦情を言ってきた人も納得する可能性が高いです。
もちろん、どうしても対処できない苦情もありますから、その場合は丁寧に相手が納得するように説得します。
ただ、なるべく苦情内容に関して解決できるようにするのがマンション管理会社の1つの役目になりますからその点は意識する事が大事です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP